上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このごろメタボリックシンドロームという言葉をよく耳にすることがあります。

メタボリックシンドロームというものの対策も考えられるようになった本来の目的は、動脈硬化から起きる循環器病をいかに予防するかということなのです。

その循環器病とは、たとえば心筋梗塞、狭心症といった心臓疾患、そして脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などのことをいいます。

動脈硬化は、ある程度症状が進まないと、なかなか症状として現れないところがやっかいな病気です。

さらに問題を大きくしている点が
人気ブログランキングへ... 続きを読む
スポンサーサイト
昨今しきりにその名前と対策が叫ばれているメタボリックシンドロームとはどういう意味でしょうか。

このメタボリックシンドロームには、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)という肥満のタイプの人ががそれにあたります。

これに高血糖・高血圧・高脂血症のうち、二つ以上を有している状態が、メタボリックシンドロームです。

これまで日本で行われたメタボリックシンドロームの診断や対策は、海外で定められたメタボリックシンドロームの診断基準が元になっていました。
人気ブログランキングへ... 続きを読む
今しきりに話題にされているメタボリックシンドロームとは、いったいどういう状態のことをいうのでしょうか。

それにはまず生活習慣病が関連してくるのですが、それにあたるのが肥満症、高血圧、糖尿病、高脂血症などです。

その原因は肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満であることが考えられています。
そして内臓に脂肪が蓄積することにより病気が引き起こされた状態をメタボリックシンドロームといいます。
人気ブログランキングへ... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。