上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消費するエネルギーより摂取するエネルギーの方が多くなると、余ったエネルギーを脂肪として貯め込もうとするのが人間の体のしくみなのです。

そのためダイエットではいかに消費するエネルギーを増やし摂取するエネルギーを減らすかが焦点になります。

食事を制限することで摂取エネルギーを減らすというのがダイエットの大半ですが、食事の量を減らすだけで運動をしないでいると、脂肪は減らないうえに基礎代謝がぐんと低くなってしまうのです。

基礎代謝が低くなると脂肪が燃えにくく体重の減りにくい体質になってしまうのです。

無理な食事制限をしなくても、適度な運動で基礎代謝を上げて消費エネルギーを増やすダイエットをしていれば、健康増進効果も得ることができます。
人気ブログランキングへ... 続きを読む
スポンサーサイト
基礎代謝が高まり脂肪を燃焼させるためには、ダンベル体操が効果的です。

ダンベル体操を行うと、筋肉の量増やす効果があり、筋肉のエネルギー代謝を高めることもできます。

代謝の高い体を作ることにダンベル体操を利用し、運動と組み合わせると、脂肪を効果的に燃焼させることができます。

ダンベル体操の目的は運動によって脂肪を減らすのではなく、代謝の高い脂肪のつかない体質へ改善することです。

ダンベル体操の運動を続けることで、基礎代謝は少しずつ上昇していきます。
人気ブログランキングへ... 続きを読む
2008.06.25 代謝の仕組み
体を動かしたり内蔵が働く時にエネルギーを消費する生命活動そのもののこと、それを代謝といいます。

新陳代謝ともいい、汗をかく、髪が生え替わる、肌が再生する、脂肪を燃やすなども代謝の作用です。
代謝は寝ている間も行われているのです。

呼吸や体温調節など生命を維持するために必要な代謝が基礎代謝です。

消費エネルギーの70%を占めているのが基礎代謝ですが、男性は16歳、女性は14歳がピークだといわれています。
人気ブログランキングへ... 続きを読む
お腹に脂肪がついた、いわゆるお腹太りにはいろいろなタイプがありますが、まずは自分がどのような太り方をしているかを知ることが、効果的なお腹やせの第一歩になります。

まず手足は細くどちらかというと痩せているのにお腹だけがぽっこりとしているのはエネルギー不足からくるものです。

これは基礎代謝が減少しているからで、普通に食事をしていても脂肪が燃焼しきれなくなるのです。

さらに下腹部がぽこっと出た状態になるのは、腹圧が低くなり内臓を外から抑える力が弱まってしまうためなのです。

次は皮下脂肪型で、お腹の脂肪がプヨプヨとしていてつまめるような人ですが、これは消費カロリーより摂取カロリーのほうが上回ってしまう、食べすぎのタイプです。

これが積み重なると皮下脂肪を体に溜めこむことになって、三段腹を作り出してしまうのです。
人気ブログランキングへ... 続きを読む
スタイルが気になっていると、薄着になる季節だとますますお腹のまわりの脂肪などが気になりだすでしょう。

プヨプヨしたお腹やぽっこりと出た下腹など、お腹に脂肪がつきやすい女性にとって、それは本当に大きな問題なのです。

ではこのお腹の脂肪の正体はいったいなんなのでしょうか。

女性のお腹の部分にはちょうど子宮があるために、命に関わる大事な部分は、守られるためにもともと脂肪がつきやすいので、脂肪がついてしまうのです。
人気ブログランキングへ... 続きを読む
スタイルが気になっていると、薄着になる季節だとますますお腹のまわりの脂肪などが気になりだすでしょう。

プヨプヨしたお腹やぽっこりと出た下腹など、お腹に脂肪がつきやすい女性にとって、それは本当に大きな問題なのです。

ではこのお腹の脂肪の正体はいったいなんなのでしょうか。

女性のお腹の部分にはちょうど子宮があるために、命に関わる大事な部分は、守られるためにもともと脂肪がつきやすいので、脂肪がついてしまうのです。
人気ブログランキングへ... 続きを読む
今よりスレンダーになりたいとと願っている人が様々なダイエット方法に挑戦し、努力してスマートな体を作り上げることができれば、それは素敵なことです。

けれども、あちこちにに氾濫しているダイエット情報に踊らされ、ひたすら痩せたいと思う気持ちが元々の健康的な体のイメージを見失ってしまうという心配もあるのです。

安全性も確かめずに、ちょっと耳にしたダイエット方法をうのみにして過激なダイエットに走ってしまうこともあり、その危険性は想像以上なのです。

世の中には儲けるためにはいとも簡単に人をだましたりする人もいます。

ダイエットしてなんとか痩せたいという人の心理をたくみに利用し、偽ダイエット情報を流して儲けようとする人は、どこにでも存在しているのです。
人気ブログランキングへ... 続きを読む
食事や運動などの一般的な方法以外で痩せようとする人たちが取り入れているダイエット方法には、実に様々なものがあります。

そういうものの中には、日ごろの生活のなかで何か工夫をしながらダイエットをしようというものもあります。

たとえば、耳や足のつぼを刺激することで食欲を自然に抑えようとするダイエット方法があります。

また、腹式呼吸を正確に行うことで、有酸素運動と同じような効果が得られるという目的の、呼吸ダイエットがあります。

骨盤のゆがみを矯正すると姿勢がよくなることになり、それにより体のあらゆる部分を引き締めることができるといいます。

これは骨盤矯正ダイエットと呼ばれる方法で、今ダイエットを目指す人の間で人気が上りつつあるものです。
人気ブログランキングへ... 続きを読む
やせようとまず選択する方法はいろいろありますが、運動によるダイエットも人気のある方法だといえるでしょう。

縄跳び、ウォーキング、ランニングなどは、運動によるダイエットの中でも、器具を使わない手軽で一般的なダイエットとして人気があります。

何よりもすぐに始められ、特別な技術なども必要としないために、ダイエットを始める人にとっては手っ取り早いという思いがあるのでしょう。

この器具を使わない運動によるダイエットをもう少し視野を広げ、より専門的な運動をする人も増えています。

呼吸法を取り入れた、より専門的な運動としてピラティスやヨガなどがあり、ダイエットとしてまずまず人気があります。

そして踏み台昇降、スクワットなどの脚を鍛える運動もあり、これらもダイエットとしては効果がある方法で、比較的人気がある運動です。

そして今、ダイエットを目座す女性たちにぐんぐん人気が上がっているのが、
人気ブログランキングへ... 続きを読む
痩せようとする人が、とりあえず始めようとするダイエット方法は、なんといっても食事によるダイエットでしょう。

食事によってダイエットをする方法といっても、そのやりかたはさまざまでしょう。

女性の場合は特に、ありとあらゆるダイエット方法で、その痩せるための努力や工夫を試みているようです。

その中で、まず食事をとる方法を工夫するというダイエット方法があります。

たとえば
人気ブログランキングへ... 続きを読む
このごろメタボリックシンドロームという言葉をよく耳にすることがあります。

メタボリックシンドロームというものの対策も考えられるようになった本来の目的は、動脈硬化から起きる循環器病をいかに予防するかということなのです。

その循環器病とは、たとえば心筋梗塞、狭心症といった心臓疾患、そして脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などのことをいいます。

動脈硬化は、ある程度症状が進まないと、なかなか症状として現れないところがやっかいな病気です。

さらに問題を大きくしている点が
人気ブログランキングへ... 続きを読む
昨今しきりにその名前と対策が叫ばれているメタボリックシンドロームとはどういう意味でしょうか。

このメタボリックシンドロームには、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)という肥満のタイプの人ががそれにあたります。

これに高血糖・高血圧・高脂血症のうち、二つ以上を有している状態が、メタボリックシンドロームです。

これまで日本で行われたメタボリックシンドロームの診断や対策は、海外で定められたメタボリックシンドロームの診断基準が元になっていました。
人気ブログランキングへ... 続きを読む
顔や首の筋肉には30もの筋肉があり、顔の筋肉はとても小さくて繊細にできています。

顔の筋肉が衰えることは、目が細くなる、ほおがたれて口角が下がる、二重あごになるなどの症状につながります。

このような症状は女性にとってはなんとしても避けたい症状です。

顔の筋肉というと思い浮かぶのが表情筋ですが、これは顔の表情が動く、というところから呼ばれているのです。

顔の筋肉をエクササイズすると顔痩せ、小顔効果があります。

唇下からあごに伸びる筋肉が代表的な表情筋で、これは頤筋(おとがいきん)とも呼ばれています。
人気ブログランキングへ... 続きを読む
すべての女性にとって、いつまでたっても美しくいたい、若いときの肌を維持していたいと思うことは、永遠のテーマです。

歳を重ねるごとに皮膚がたるむという老化現象は、女性の大きな悩みのひとつです。

女性にとって大きな肌の悩みである顔のたるみは、どういった事が原因で起こるのでしょうか。

顔のたるみの原因の多くは加齢に伴って顔の肉を支えている筋肉が衰えることでたるみが目立つようになることです。

また顔の皮膚の内部にも原因が潜んでいます。
人気ブログランキングへ... 続きを読む
エットを始めると、ひたすら食べないようにしたり、野菜しか食べなくなったりと、極端なことをする人がいますが、それでは健康的にやせることは不可能です。

だいたい一週間に1㎏くらいのペースで落とすのが危険のない範囲です。

数々の種類の食品を、少しずつ食べるようにすることが、ダイエットをしているときの食事として望ましい形です。

6つの基礎食品を考慮した食事法がありますが、少々面倒でもこれは効果があります。

食品の偏りがないようにきちんと摂りながらやせたいと思っている人には効果が出てくるでしょう。
人には脳の中に満腹中枢というものを持っていて
人気ブログランキングへ... 続きを読む
太ももをやせさせるための方法のひとつとして、脂肪吸引があります。

これは太ももの皮膚を数ヶ所切って脂肪細胞を直接取り除く方法で、これにより太ももをやせさせるのです。
太ももの脂肪吸引では、カニューレと呼ばれる吸引管を使って細くしたい部分の脂肪細胞を吸引やせるようにします。

この脂肪細胞自体を直接吸引する方法だと、心配されがちなダイエットのリバウンドもほとんど考える必要がないのです。
脂肪は吸引されても想像以上に軽いので、体重自体はぐんと下がるということはありませんが、見た目の上で太ももが引き締まるのは確かです。

太ももを吸引するには、
人気ブログランキングへ... 続きを読む
太ももの太さの原因の一つに、むくみがあります。

血液の循環が悪くなると、老廃物がたまり、それがむくみとなるのです。
むくみを解消させることで太ももがやせるようにすることができます。

まず血液の循環が悪くなる元は、冷えや疲れからくるものです。
長時間歩きまわるようなことをすると、いつも足がむくんでしまうという人もけっこういることでしょう。

血液の循環を維持するために足を疲れさせないようにし、なおかつ冷えないようにすると、太ももをやせさせることができます。

そのために、
人気ブログランキングへ... 続きを読む
体にセルライトを作らないための予防法には、どういうものがあるでしょうか。

それは生活習慣を改善すること、まずこれがセルライト予防には大切なことです。

セルライトができるのは、脂肪と老廃物が融合されるためなので、とにかく食生活を太らないものへと改善し、適度な運動で血液の循環を促進させることです。
予防するためにはセルライトのできやすい太もも・お尻などのマッサージをして血行を促進するようにしましょう。

またセルライトができにくくするための商品も多く出回っています。
人気ブログランキングへ... 続きを読む
今しきりに話題にされているメタボリックシンドロームとは、いったいどういう状態のことをいうのでしょうか。

それにはまず生活習慣病が関連してくるのですが、それにあたるのが肥満症、高血圧、糖尿病、高脂血症などです。

その原因は肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満であることが考えられています。
そして内臓に脂肪が蓄積することにより病気が引き起こされた状態をメタボリックシンドロームといいます。
人気ブログランキングへ... 続きを読む
ダイエットを行う際、それを成功させるためにはちょっとしたテクニックがあります。
まずは食事について、1日に計画の中で食事の時間をきちんととっておくと、規則正しい食事を摂ることができるでしょう。

どんなに忙しくても、あらかじめ食事が摂れるように時間を考えて行動するようにすれば良いのです。
朝食は特に摂れない人が多い食事だと思いますが、まずは簡単な朝食、牛乳とバナナ、ヨーグルトと野菜ジュース、といったものから始め、徐々にご飯やお味噌汁と納豆、という風にしっかりした食事にしていけばいいでしょう。

運動の場合、続けること自体が困難だという人も多いでしょう。
特にきちんとした時間を作って運動をするというのではなく、毎日の家事や仕事の合間にする運動であれば、そこまで大変ではないでしょう。
人気ブログランキングへ... 続きを読む
肥満は生活習慣が原因で起きることが多いと言われており、やせるためにはまず生活習慣を改善することが大切だといえます。
それは親が太っていると子供も太っていることが多いことからもわかります。
遺伝によって肥満体質を受け継いでしまうこともありますが、遺伝は実は3割で、あとの7割は家庭での食生活や食事の内容によることが多いのです。
太りやすい生活習慣を家族でしてしまうことこそが原因なのです。
肥満の大敵である悪い食事の摂り方、つまり早食い、まとめ食い、間食などが自分の食習慣にないか、まずは自己管理をすることが、やせることにつながるのです。
このような生活を振り返る「行動療法」は食事や運動とともに肥満対策に必要なことで、まず食事の日記をつけることからはじめ、誰と、どこで、何を、どれくらい食べたかを記していきましょう。
人気ブログランキングへ... 続きを読む
最近よく耳にするダイエット方法がコーヒーダイエットです。

コーヒーでダイエットをして本当に成功することができるのでしょうか。
コーヒーを飲むと、それに含まれるカフェインが働いて、体内の脂肪が分解され血液中に流れていくのです。
カフェインはまず摂取されると交換神経を活発にさせ、ノルアドレナリンを分泌させることにより、褐色脂肪細胞が刺激されるという仕組みです。
このような仕組みにより、さらにリパーゼという物質が生まれ、体内にたまった脂肪を分解しながら脂肪酸となって血中に流れていきます。

このようなカフェインの働きを利用したダイエット法が、うわさの「コーヒーダイエット」というわけです。
ただし、コーヒーの効能は脂肪をつきにくくするということに限られています。
飲みながら今より脂肪を減らせられるというわけではないのです。
コーヒーを用いて脂肪の燃焼を活発にさせながら、太りにくい体へと変えていこうとするのがこのダイエットの目的です。

今までずっと行ってきた運動でも、カフェインの力が働くと、ダイエットの効果はより大きくなると期待してもいいでしょう。
軽いウォーキングなどの運動とコーヒーダイエットを組み合わせることにより、脂肪燃焼はさらにあおられて、そのダイエット効果はあがることになるでしょう。
こんなに身近で手ごろな飲み物であるコーヒーですから、ダイエットとして用いるにはまさにうってつけのものといえるでしょう。

「飲むだけでみるみる痩せる」なんてオイシイ言葉に騙されてはいけませんよ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。