上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
背中に自分では気がつかないうちにちょっとずつ脂肪が蓄積されてしまうことがあります。

後姿は、人からの印象を大きく左右するものです。

自分では見えないので、あまり気にすることが少なくなりがちですが、よくぴっちりしたTシャツの背に、ブラジャーからはみ出しているお肉がはっきり見えていたりすることもあります。

おしゃれをしていても、これはいただけません。

さらに背中に脂肪がついていて、猫背になって丸まっていたりすると老けた印象になります。

反対に姿勢がよく、背中にだぶついた脂肪が無く、すっきりしとしている人は、若々しく見られます。
また余分な脂肪が背中についてしまうと、腰痛や肩こりの原因にもなります。

一度脂肪がついてしまうと、背中の場合は手や足のように動かすことが少ないのでなかなか取ることができません。

普段から背筋をのばして姿勢よく歩くことを心がけることが余分な脂肪の予防につながります。

脂肪をつきにくくするには、常に背中を意識することが重要です。

一度ついてしまった背中の脂肪はなかなか取り除けません。

脂肪を寄せ付けるのを防ぐには、日々家事をするときなどに背中をのばしてきびきびと動くようにすることです。
スポンサーサイト




さらに詳しい情報を見る→人気ブログランキングへ



ダイエットの最新情報はメルマガでお届けしています
無料メルマガ インフォマグ
Secret

TrackBackURL
→http://erikadiet.blog21.fc2.com/tb.php/27-8d64035c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。